復縁のきっかけはlineから!連絡の仕方と内容が重要な理由
Pocket

何かするとき、ラインってとっても便利ですよね。


普段使いはもちろん、何か緊急で連絡をしなくてはならない時もとても便利に使えるアイテムです。


私もよくプライベートで使っていますが、とても便利で重宝しています。
このラインを恋愛においても使わない手はありません。

でもこれをうまく活用することで、私は復縁をつかみ、幸せな恋愛にたどり着くことができたのです。


果たして私はどんなことをしたのか。


実はそれはとても簡単で、ラインの内容と送り方を工夫したのです。


このことについて、今回は徹底的に根掘り葉掘り解説していきたいと思います。

スポンサードサーチ

復縁のきっかけはlineから!連絡の仕方と内容が重要な理由


ラインの内容と送り方を工夫しなければならない理由


ではどうしてその内容と送り方を工夫しなければならないのでしょうか。


今回は送り方編と内容編に分けて解説していきたいと思います。


復縁のアプローチの内容と方法によって、その後のやりやすさが大きく変化するのです。


復縁はお互いの反省と、歩み寄りがあって初めて成り立つ、まるで結婚にも似たものです。


恋愛自体がお互いの見逃しと配慮で成り立つものではありますが、復縁は特に相手のことを思いやらなければならないものです。


そして思いやりを持ってアプローチを工夫することで、その後の恋愛の成功度を大幅に上昇させることができるのです。


ぜひ、最初のアプローチを大切にすることを念頭に置いて試してみてください。

送り方編・時期を見極めて連絡をしないと相手は傷つく!


その思いやりのもっとも大切なのは時期です。


男性は別れてから、しばらくはあなたとどうして別れてしまったのか、ということや、なにが相手に嫌われてしまったのかを真剣に考えています。


また、別れてしまったショックをゆっくりと、時の流れに任せながら癒しています。


この間は特に男性にとってはナーバスな時期。


下手に女性がアプローチをかけてしまうことで、男性はその癒すタイミングをのがしてしまい、過去のことをしっかり振り返ることもないまま付き合いを再開しなければならなくなります。

そのため、男性はまた裏切られるのではないか、と強く警戒してしまうことにもつながります。

また、無反省な恋愛をすることになるため、女性のことを「いつでも自分の言いなりになってくれる都合いい女」という誤った認識をしてしまう原因にもなってしまいます。

こうなってしまえばお互いに思いやりなど持てるわけがなく、結果的に二度と復縁のできない別れを迎えてしまいます。

そのため、時期を慎重に、彼氏の性格などを考えながらよく選ぶ必要があるのです。

ちなみに、男性が気持ちを癒すためにかかる期間はおおよそ6か月と言われています。

ただし、先ほども書いた通り、男性の性格によってその時期は長くも短くもなっていきます。

内容編・男性が返信しやすいように「お誘いのライン」をしてみる


男性はラインをあまり好みません。


男性によっては仕事もたくさんあり、忙しい人も多いです。


また、男性はマンガは読んでも本はあまり好きではない人もたくさんいます。


そのために文章を書くことがとても苦手です。


私の復縁した彼氏もそうで、彼の場合はマンガすらもつまらないと言って読もうとしない人でした。


だから当然ラインの文章も下手で、文章にコンプレックスを感じていたようです。


そのためにラインの返事も稀でしたし、そのことを知っていたので私からラインをすることもありませんでした。


でも、その彼はお誘いとなればいつも必ず返事をします。


だって考えてみればとても簡単で、お誘いのメッセージまで返事をしないということは、お誘いを返すのもめんどくさい、つまり「あなたなんてどうでもいい」といった誤ったメッセージを送ってしまうことになるから。


よっぽどあなたに原因があって、あなたのことなんてどうでもいい、大嫌いだ、というのなら返ってこないケースも当然考えられますが、そんなことを考えていないのであればあなたにむやみのそのようなメッセージを送るようなことをしたいとは思わないものです。

ましてや男性も復縁を考えているのであれば、すぐに返事をしたいと思うでしょう。

この反対に「最近何している?」というラインは男性が無視する可能性が高いです。

その内容では考えることも多く、また、それなりにしっかりと文章を書かなければなりません。


つまり男性にとっては負担が多く、そして面倒なのです。


だからこそ、「はい・いいえ」で答えられるお誘いの方が便利なのです。
また、これを応用して部屋の模様替えもいいかもしれません。


重たい荷物を一緒に運ぶのを手伝ってほしい、と必要に迫られると、男性には断る理由がなくなり、コミュニケーションがしやすくなります。


ただし、部屋の片づけを手伝ってほしい、は禁句です。


女性がまだだらしない生活をしていて、そして依存してしまっていることをあからさまに見せつけることにつながってしまうからです。


このようなみっともない姿を想像させる内容を書くことで、復縁したいと考えていた男性の気持ちをそいでしまいかねません。


このように、内容と仕方を工夫することで男性へのアプローチのしやすさが違ってくるのです。

まとめ


復縁のきっかけのラインの送り方と内容が大切な理由について深く説明しました。


どちらにせよ言えることは、前にも書きましたが、しっかりと内容とタイミングを考えて行うべきだ、ということです。


工夫すればするだけ、あなたの復縁の可能性を高めることができます。
ぜひ、意識してみてください。

♡応援クリックお願いします♡


復縁ランキング