復縁するために冷却期間はどのくらい必要?元カレと復縁する方法とは?
Pocket

元彼と別れたあなた。


もしかしたら今頃、別れたことをとても後悔しているのではないでしょうか。

なんで別れてしまったのだろうとか、あんなこと言わなければよかったとか。


流行り曲の歌詞ってこういった別れの痛みについて語ったものが多いですが、本当にそんな気持ちになってしまいますよね。


私も別れた時、そんな気持ちでした。


もちろん何で別れたのだろうとか、そのような話だけが悲しいだけではありません。


私は元彼と同棲していた時、同棲で何となくにぎやかだった部屋が急に静かになると、本当に寂しくなってしまうんですよね。


一人だけの部屋で、彼氏の荷物も残っている中、まるで自分だけが取り残されたような気持ちになってしまうんです。


さらに新しい彼氏と付き合ってみても、なんだかしっくりこない。


そんな気持ちになってしまうと、元の彼氏に会ってみたくなります。


でも別れてすぐはお互いに気持ちがとてもぐちゃぐちゃで話すことなんてできないし、だから冷却期間も設けておかなければならない。


そう考えるとタイミングやどんな言葉で話しかけたらいいのかって、とても難しいですよね。


実は復縁を持ち掛けるのに適切な冷却期間、というのがあるのです。


この冷却期間を置いて復縁を持ち掛けることで、復縁してからもとても関係が良く続いていくと私の周りの恋愛カウンセラーは言っています。


果たしてどんなタイミングなのでしょうか。

スポンサードサーチ

復縁するために冷却期間はどのくらい必要?元カレと復縁する方法


復縁するのにいいタイミングは?


復縁にピッタリな冷却期間とは一体いつなのでしょうか。


そのタイミングを周りの恋愛カウンセラーにインタビューをしてみたり、自分の経験を踏まえて考えてみると、とてもしっくりくる期間があります。


実は6ヵ月の冷却期間をしっかりと置くことで、復縁を成功させることが
できるのです。


ではなぜでしょうか。


このことを考えるのに、恋愛カウンセラーが言う例えがあります。


傷ついた猫はよく人や他の猫の目につかない、落ち着いて静かなところに向かいます。


そしてしばらく傷が癒えるまで自分の傷を舐め、そして治ったら今度はゆっくりと静かに、自分で動き出します。


これは猫のことじゃないか、といった感想を持たれることでしょう。


しかしこれは猫だけに限ったことではなく、人の精神的な面でも同じ部分があるのです。


すなわち、男性は別れというできごとで傷ついた自らの心を人知れず、とくに元カノの前で見せることなく癒し、そして気持ちを落ち着かせているのです。

さらに自分で次の恋を迎えられるように心のリハビリをし、さらに魅力的な男性になれるようにイメージを変えたりしているのです。


具体的に言うと気持ちの整理から始まり、自分の長所と短所を見極め、そして次の恋愛への準備を始めるのです。


この期間に元カノが不用意にコンタクトをとることはかなり危険です。


相手は元カノのことを忘れようとしていることだってあり得ます。


それなのにもかかわらず遠慮なしに土足で入っていくようなことをすれば、男性は女性に対して敵意を持ちます。

だからこそ、女性は踏み込んではいけないのです。


そして男性の気持ちを癒すのに3ヵ月、次の恋愛へと準備をするのに3ヵ月かかると言われています。


また、女性も気持ちを癒し、前を向くために必ず必要な期間も同じく6ヵ月と言われています。


この間に女性は気持ちを整理し、課題を見つけ、そしてその課題を修正し、その上で新しい魅力を打ち出さなければなりません。


新しい魅力を打ち出す、というのはいらないような気がしますよね。


でも男性はとても飽きっぽい人が多いです。


そのために昔の女性のままでは退屈を覚えてしまうのです。


だからダイエットをしたり、新しい趣味を始めるなどして変化しなければなりません。


このほか、人の性格を変えることはかんたんではありません。


このためにこの4つのことをするのに6ヵ月、というのは本当は早すぎるくらいでもあります。


一方で6ヵ月以上かかると元彼が他の恋愛にいってしまう可能性もあります。


こう考えると、6ヵ月という期間がやや早すぎるにしても、ちょうどいい期間であると言えます。


復縁期間中にすべきこと、してはならないこと

ではこの6ヵ月、何をすべきなのでしょうか。


実はこの間にすべきことはたくさんある一方、してはならないこともたくさんあるのです。


このことを守らないと、復縁のときに大失敗することにもつながります。


すべきこととしてあげられるものは、1にも2にも自分磨きです。


どうして彼氏と別れてしまったのか、そして何が彼氏が気にくわなかったのかを振り返るのです。


また、新しい自分になるためにダイエットなども実行し、内面、外見ともに変わるのです。


こうすることで彼氏に「もう二度と同じことで別れない」ということを示すのです。


一方でしてはいけないこともあります。

例えば不用意にラインで彼氏に連絡することは絶対に避けた方がいいことです。


前にも書きましたが、元彼は気持ちを癒しているのです。


そこに突っ込むことは寝ている赤ちゃんの横で騒ぐようなものです。


さらにそのメッセージが「最近どう?」なんて雑談みたいなものであったら目も当てられません。


彼から無視されて、それからブロックされてしまうでしょう。


このほかにもツイッターやインスタグラムなどで充実してますアピールを必要以上にしたりすることもしないほうがいいこととされています。

まとめ


以上、復縁するためにどれだけの冷却期間が必要なのか、という記事でした。
このように、冷却期間をしっかりと設け、この間に自分を磨くことで復縁の可能性をより高い物にすることができます。
ぜひ、皆さんも6ヵ月空けたら復縁をしてください。

♡応援クリックお願いします♡


復縁ランキング